コルクマット角の写真

小さくて見えない身近な害虫・ダニ。
赤ちゃんや子供以外にも大人でも刺されて痒くなったり、
アレルギーの元になったりします。
安心快適な暮らしのためにはダニ対策は欠かせません。

「やさしいコルクマット」は、ダニ対策になるのか気になりますね。
まずは、ダニの特性をまとめてみると、その答えが見えてきますよ。

ダニは、家庭のどこに居るのか?

ホコリ(ハウスダスト)の中、布団やまくらなどの寝具、畳、
ラグやカーペットなどの敷物、ぬいぐるみ、布張りの椅子やソファ…

普段暮らしていて頻繁に使う物ばかり。
肌が接する所に住んでいるので、やっぱり対策が必要ですね。

一番ダニが多いところは寝具のようですが、ダニが好む理由を見れば納得。
ダニに好かれない環境を作ることが対策となるわけです。

ダニは、湿度と適度な温度がある所が好き。
だから奥の方に潜り込める所も好き。
人間から出る老廃物や抜けて落ちてる髪の毛を食べるのが好き。

ホコリや寝具は人間が出す栄養がたっぷりなので、好きなのでしょう。
潜り込めない素材を使ったインテリアにすることや
お掃除することが対策のようですね。

★では、「やさしいコルクマット」の場合はどうでしょう?

「やさしいコルクマット」の表面は、コルク素材です。
コルクは、絨毯のように凹凸が少なくフラットなのでホコリが溜まりにくく、
水拭きや掃除機でのホコリ除去が簡単という利点があります。

そして、コルク自体にも天然の防虫効果があるようです。
ダニが嫌がる天然成分を含んでいるとは、嬉しいですね。

フローリングに直接コルクマットを敷いて使う場合が大半と思いますが、
もし、畳や敷物の上で「やさしいコルクマット」を使うなら
その畳や敷物がダニの好む場所だと言う事をふまえて
こまめに掃除をして、ダニ駆除をする事が必要ですね。
さらに、カビ対策も必要です。

コルクは撥水性があるので水拭きに向いていますが、
水分の残り感が気になる場合は、風通しの良い陰干しで良く乾かしてください。
湿気はダニだけでなくカビの原因にもなりますので、特に雨季は注意を。

アレルギー対策など本気の予防対策は、専門的な用品を使うと便利です。