お部屋のイメージ

特にジメジメした雨季になると、気になるカビ問題。
健康的にも汚れ的にも良くないので、ぜひ防止対策から。

お風呂場などの水回りなどは目に見えて発生し易い場所ですが、
一見水気がないホコリや押入れ内などにも発生する程、
なんとも油断体的な相手です。

カビが好む条件は、温度と湿度など。

昔ながらの日本家屋ですと風通しが良いのですが、
マンションなど現代の住宅は気密性が高く風穴が少ないので
全体的に湿気がこもりがち…結露が気になる家庭は要注意です!

このように、部屋や住宅全体の温度・湿度がカビに関連するため
「やさしいコルクマット」がカビに強いかどうかという事よりも、
マットを置く部屋の環境をカビが好まない環境にする事が重要です。

人間が快適に暮らすには程よい温度と湿度が必要ではありますが、
カビが嫌がる環境「乾燥」「定着しないように空気を動かす」ために
風通しを良くすると効果的なようですよ!

ホコリなどの掃除ももちろん、
晴れた日に窓を開けて換気して風通しの良い環境を作りましょう。
風というのは、予想以上に乾燥の助けにもなります。

たとえば、鉢植え植物を育てる時に水をあげた後、
室内に置いてあるものはしっとりしているのに
同時に水をたっぷりあげたはずの鉢植えは、たいして晴れていなくても
土の表面が乾いて全体的に水分量が減っているのか軽くなっています。

これぐらい、風通しというのは乾燥の助けになりますので、
カビが発生し易い雨季は晴れた日を逃さずに換気したいですね。

また、条件が揃えば季節関係なく発生するのがカビです。
冬場は閉め切って暖房を使うので、室温と湿度が上がってしまう事も。
換気扇を使ったり、晴れた日に窓を開けて換気を。

ちなみに、カーペットや布ソファーなど湿気を取り込むインテリアが多いと
部屋の湿度が高くなりがちになるそうですよ。
畳も昔のように庭で干せれば良いですが、敷きっぱなしなのが現状…。
カビやダニが住みやすい環境になりがちです。

体温が移る布団も敷きっぱなしのままだと温度と湿度が保たれ、
カビが喜ぶ環境になる恐れがたっぷり。

赤ちゃんや介護など寝ている時間が多い場合は、
布団の下に除湿シートを敷いて湿気を取ると安心ですね。
除湿シートについては、吸湿率が高い物をを選ぶと手間が少ないそうです。

というわけで、「畳×コルクマット」や「コルクマット×布団」でも
敷きっぱなしにせず、たまに風通しを良くして
なるべくカビが好まない環境を作らなくてはいけません。

また、「フローリング×コルクマット」でも油断は禁物。
カビとダニが好むホコリ掃除ついでに移動させたりひっくり返したりして、
たまに風通しを良くしましょう。
除湿器に任せっぱなしにせず、部屋の空気を入れ替えてください。

いざカビが発生すると、黒ずんでしまったり大変なことに。
布団やマットは捨てればいいですが、
畳やフローリングにカビ色が付くと厄介ですので
結露が激しい環境のご家庭は特に、まめに対策を!

日常、部屋干しする人や加湿器を使う人もご用心!
布製品やカーペットが水分を吸って蓄えてしまうので部屋の湿度が上がります。