大判で厚さ1cm以上のラインナップも評判良し♪「やさしいコルクマット」

「安全や騒音防止のために厚めのマットが欲しい」
という理由で厚さが1cm以上というタイプが人気ですが、その他にも人気のタイプがあります。
それは、「大判で厚さ1cm以上のタイプ」です。

「やさしいコルクマット」では、厚さ11mmで大判のラージサイズ45cmがあり人気です。
大きめラージサイズ45cmとレギュラーサイズ30cmそれぞれの利点や使いやすさがあるので
人それぞれの意見にはなりますが、
組み立て易さとホコリ掃除のし易さがレビューであがっていました。

組み立て易さについては分かりやすいと思いますが、
1畳サイズに組む時に「大判のラージサイズ45cmなら、8枚必要」
対して「レギュラーサイズ30cmでは、18枚必要」と倍以上の枚数が必要です。

8畳の大きい面積に敷きたい場合はその差は大きく、
「大判のラージサイズ45cmなら、64枚必要」「レギュラーサイズ30cmでは、144枚必要」
となり、敷く総面積が大きくなるなら大判の方が組み立てが楽です。

そして、大判の利点は掃除時にも現れます。
どこからともなくたまる綿ボコリや髪の毛。ついつい落とす、お菓子の破片。
床掃除と言えば何かをこぼした汚れ以外にも、これらが目立ちます。
フローリング剥き出しでも、ラグタイプの敷物でもホコリ&髪の毛取りは必須の掃除です。

ジョイント式のマットは、組み立て式なところが便利で人気なのですが、
このジョイント部分にホコリが引っ掛かって溜まりやすいということもあります。
そんな時に、小サイズ判より大判の方が接合部分が少ないのでホコリ掃除が楽なのです。

とはいえ、用途に合わせて選べる小さめレギュラーサイズ30cm
「やさしいコルクマット」の品揃えの中で売れています。
狭い面積で使いたい場合、入り組んだ形の組み立てをしたい場合や
頻繁に捨てるレベルで取り換えて使いたい場合など理由は様々ですが、
大判も小判もそれぞれに愛され利用されています。