糖尿病といえば人間でも生活習慣病の一つとして
認知度が高い病気ですが、実は犬にも見られる病気の一つなのです。

糖尿病は膵臓から分泌されるインシュリンが不足すると起こる病気です。

インシュリンはブドウ糖を細胞の中に取り入れたり
脂肪やタンパク質を作るはたらきがあるホルモン。

インシュリンが不足すると糖を取り込む事ができず
増えてしまい、尿と一緒に外へ排出されてしまうのが
糖尿病です。

かかりやすい犬種は?

  • ゴールデンレトリバー
  • ラブラドールレトリバー
  • サモエド
  • ダックスフンド

などで、雄よりも雌のほうが多く見られるようです。

発症年齢は概ね7歳~9歳前後で、腎不全や
白内障などの合併症もみられるようですが、
そうなると治療も困難になってきますので
早めの発見、治療が求められます。

早期発見のポイント

水を大量に飲んでトイレが近くないか
食べ過ぎていないか
食事の量は減っていないのに痩せてきていないか

など、、日頃から注意深く見ていれば
糖尿病を予防することが出来ます。

また、人間と同様で肥満体型にさせない、
食事も過度に与えたり、犬に合わないもの
などを食べさせたりしないように、
バランスの良いドッグフードを与えてください。

糖尿病には2つある

インシュリンの量が不足するとなる
”インシュリン依存性糖尿病”と

インシュリンの量はあるけど作用が弱い
”インシュリン非依存性糖尿病”があります。

犬の場合は、前者のインシュリン依存性糖尿病が
ほとんどと言われ、発症すると、インシュリンを
投与しなければいけなくなるのでワンちゃんと
飼い主両方に負担がかかります。

日頃から栄養バランスのとれたドッグフードを
食べさせ、愛犬の変化に直ぐに気付けれるよう
観察する事が大切です。

コルクマット商品一覧

30cmレギュラーサイズ一覧

45cmラージサイズ一覧