人間もインフルエンザなどの予防接種があるように、
ワンちゃんも定期的に予防接種を受けなければいけません。

今回は犬の予防接種で気をつけておきたい事をご紹介したいと思います。

犬の予防接種で代表的なものは
ジステンパー、パルボウイルス、アデノウイルスなど
感染力が強いものから、比較的感染力が弱い
レプトスピラなどがあます。

犬の予防接種は一つ一つ受けるというよりも
まとめて8種混合ワクチンなど受けるのが
一般的とされ、子犬の時は年に2回、成犬だと
年1回のペースで予防接種します。

ワクチンと言っても、投与するものはウィルスを弱らせたもので
少なからず副作用があることにも注意したいところです。

なので体調がすぐれない時は予防接種はさけ、
予防接種の前に寄生虫がいるか検査をしてもらうのが良いです。
(寄生虫がいると効果が発揮されないため)

予防接種をした後に気をつけること

予防接種した日はもちろんシャワーなどは控えて
安静にしてください。

犬によっては熱が出たりアレルギー反応が出たり
するケースがあるので、直ぐに連絡できる状態に
しておきましょう。

初めての予防接種

予防接種が初めて、という犬は免疫効果が現れるまで
1~2週間ほどかかるようです。

この間は予防接種を受けたか不明な犬と接触はさけて
栄養のある食べ物をあたえてください。

予防接種後は特にワンちゃんの様子を注意深く観察するようにしてください。

コルクマット商品一覧

30cmレギュラーサイズ一覧

45cmラージサイズ一覧